お知らせ


2021年05月18日

睡眠で疲労回復するには成長ホルモンが大事です。

睡眠をとってるのに疲れがとれないとかありませんか?

 

睡眠時間は22時から26時に熟睡できてますと成長ホルモンが最大限に放出してます。

その時間に寝ると疲れがとれます。

この時間をゴールデンタイムといわれてます。

 

成長ホルモンの作用は脂肪燃焼作用 タンパク同化作用 創傷治療作用 美白作用があります。

どの作用もゴールデンタイムに成長ホルモンがでます。

成長ホルモンは年齢とともに分泌量はへりますが、

ゴールデンタイムに寝る事で成長ホルモンが受けやすくやり

疲労回復になりますし加齢予防にもなります。

就寝時間を気にして早寝早起きを心がけましょう。

 

疲れやすい 記憶力の低下や集中力の低下 筋肉や骨が衰える

肌や髪のツヤがなくなる シミ シワが増える

これらの症状は老化現象といわれがちですが、成長ホルモンに

関係が深いです。年齢が増すたびに成長ホルモンは減少していきますが少なくなっていく成長ホルモンをうまく働かせましょう。

 

30代 40代以降は特に睡眠中にでるの成長ホルモンを意識して

ゴールデンタイムに成長ホルモンを働か良質な睡眠をとりましょう

 

早めの就寝を心がけ良質な睡眠をとり

アンチエイジングと健康維持につなげたいですね

 

 

新宿にある鍼灸院

お灸の里鍼灸院では

皆様のご来院をお待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お灸の里鍼灸院
https://www.okyunosato.com/
住所:東京都新宿区西新宿3-1-2 廣川ビル2F
TEL:03-6302-0858
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toiawase

s_navi02

s_navi03

s_navi01

s_navi01

s_navi01

s_navi01

ページ上部へ戻る