お知らせ


2015年11月20日

新宿の鍼灸院で忘年会シーズンの日酔いを鍼灸治療で乗りきりましょう。

pic_access5

来月は師走です。

1年早いですね、近頃は忘年会を早めに行うようで、11月からはじめてる方もいるようです。

 

二日酔いの予防には、事前にペパリーゼを飲むのよいですが、飲み忘れたり、体調が悪くてペパリーゼが効かなかったら、二日酔いのツボを押してみましょう。

 

二日酔いでムカムカする時は、肝経の働きが低下してます。

 

その影響で肝経と関係のある胆経の気血の流れが順調でなくなってます。

 

二日酔いの吐き気は直接的には胆経の働きが低下してます。

 

泉生足(せんせいそく)を押しましょう。

 

泉生足は足の裏にあり、足の第二指の裏側で第一関節と第二関節の

中間にあります。

 

泉生足は気血の流れを良くし、肝の働きを高める作用があります。

 

胆経にも気血が巡り自然に任せるより早く吐き気が改善されます。

 

忘年会シーズン到来しますが、ほどほどに。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お灸の里鍼灸院
http://www.okyunosato.com/
住所:東京都新宿区西新宿3-1-2 廣川ビル2F
TEL:03-6302-0858
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toiawase

s_navi02

s_navi03

s_navi01

s_navi01

s_navi01

s_navi01

ページ上部へ戻る