お知らせ


2024年06月28日

東洋医学的な病気の原因。1「内因」

「「内因」は、人間がもつ内的要素で主に精神面を重視しています。

これは、激しい感情変化に」身体が対応できないときに病が起こると

いう考え方です。

「喜・怒・憂・悲・思・恐・驚」という七つの感情変化で

「七情」と言います。

 

 

7776f64f8f69b13448abd13b948153e9_t

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●喜     喜びがすぎると気が緩みすぎて、心の変化をきたす。

関係する五臓 

症状  集中力の低下、突然死など。

 

●怒     怒りすぎると気がのぼり、肝に変調をきたす。

関係する五臓 肝

症状  頭痛・脳卒中・動悸・めまい・目の痛み

 

●憂・悲   憂い、悲しみがすぎると気が消耗し、肺の変調をきたす。

関係する五臓 

症状  のどのつまり、咳、過呼吸など。

 

●思     思い悩み過ぎると気が停滞し、脾の変調をきたす。

関係する五臓 

症状  食欲不振、腹張り、胃潰瘍、下痢など。

 

●恐・驚   恐れが過ぎると気が下がり、驚きすぎると気が乱れ

腎の変調をきたす。

関係する五臓 

症状  失禁、白髪、精神不安、不眠など。

 

 

東洋医学の病気が起こる原因を知っておくと、病気になる前に予防する

こともできます。

当院にお気軽にご相談下さい!!

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お灸の里鍼灸院
https://okyunosato.com/
住所:東京都新宿区西新宿3-1-2 廣川ビル2F
TEL:03-6302-0858
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toiawase

s_navi02

s_navi03

s_navi01

s_navi01

s_navi01

s_navi01

ページ上部へ戻る