お知らせ


2024年06月20日

東洋医学の「気」不調

 

東洋医学では体を構成する基本の要素で常に身体を

循環しているのが「気・血・水」です。

この三つのバランスがとれていると健康と言えます。

 

 

 

kamponews_kiketsusui

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気」は身体の中にも自然界にもあるもので

生命の営みを司るエネルギーの源と考えられている。

 

身体の中の「気」が乱れると病気になり、とくに精神的な側面を

中心に考えます。

「気」は健康に非常に深い関係があり、

「気」の変調は全身の不調につながります。

 

 

★気虚

「気」の量の不足や機能が低下している状態。

エネルギーが足りていないので、疲れや倦怠感があり、体が冷えます。

栄養不足、脾胃虚弱、過労、不摂生、慢性的な病気によって引き起こされる。

 

●気力の低下  ●倦怠感    ●疲れやすい

●息切れ    ●身体の冷え  ●食欲不振

●軟便・下痢  ●免疫機能低下

illust-c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★気滞

「気」がうまく流れないことによって起きる。

過度の感情変化、食欲の不摂生、水分代謝の不良、瘀血などが原因。

 

●焦躁感    ●不安     ●憂うつ

●お腹が張る  ●円形脱毛症  ●吐き気

●膀胱炎    ●梅核気(咽に違和感があり空咳する)

413ddc2f9f18f00e26a7a362eea43a9b_t

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★気逆

「気」は通常下方に収まっているが、食欲の不摂生、過度のストレス、

強い怒りの感情などにより上部に突き上げてトラブルを起こす。

 

●めまい    ●不眠     ●動悸

●のぼせ    ●イライラ   ●せき

●頭痛     ●げっぷ・吐き気

0ccf05fd1e2e6b7619fc051fa6bf4f84_t

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように乱れた「気」を調えてあげる方法は鍼やお灸による

治療をおススメします。

当院にお気軽にご相談下さい!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お灸の里鍼灸院
https://okyunosato.com/
住所:東京都新宿区西新宿3-1-2 廣川ビル2F
TEL:03-6302-0858
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toiawase

s_navi02

s_navi03

s_navi01

s_navi01

s_navi01

s_navi01

ページ上部へ戻る