お知らせ


2018年04月17日

噛みしめ癖による顔の肥大化

 

前に比べて、顔の横幅が広くなったり、エラが張っているような気がする方は、もしかしたら歯の食いしばりが原因かもしれません。

 

日常的につい歯と歯を強く噛み合わせてしまう、いわゆる噛みしめ癖ですが、この状態を続けてしまうと顎の筋肉に大きな負担がかかります。

 

少しずつ蓄積される負担ですので、気づきにくいにも関わらず、大きな影響を及ぼします。

 

ただ、咀嚼に使われる筋肉の中で、咬筋と呼ばれる筋肉は特に力が強いです。顔のエラに関係の深い部分ですね。
噛み締める力は自分の体重ほどありますので、体重50キロの人でしたら、50キロほどの力で噛むことができます。

 

そう考えると、決して負担は小さくありませんので、日常的に休ませてあげるべきだと言えます。

 

また、噛みしめ癖は、我慢強い人やストレスを溜めやすい人に多いですが、癖と言われるだけあって、無意識にやっていることも多いです。
歯ぎしりなどが良い例ですね。

 

そして、頭の骨と筋肉は繋がっているので、コリが悪化すると咬筋だけの問題ではなくなっていきます。

 

コリとは、筋肉が硬くなって縮んでいる状態です。
上手く作動しないと、その分は他が補いますから、少しずつ所定の位置からズレていくことになります。

 

あまりに酷くなりますと、顔が横に広がって四角くなりますし(エラが張っている状態)、頬骨が前に出てきます。
また、頬のたるみ、頬が下に落ちることで、目元のたるみになることもあります。

 

美容の面ばかり書いてしまいましたが、歯痛や頭痛、肩や首のコリのになることも良くあるので、咬筋のコリは甘く見ない方が良いでしょう。

 

初めに書いた通り、日常生活でかかる負担は大きいですから、きちんと休ませてあげることが大切です。

 

手段の一つとして、鍼灸治療を受けることをおすすめしております。

 

筋肉の疲労やコリは早めに解消してしまいましょう。皆さまのご来院をお待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お灸の里鍼灸院
http://www.okyunosato.com/
住所:東京都新宿区西新宿3-1-2 廣川ビル2F
TEL:03-6302-0858
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toiawase

s_navi02

s_navi03

s_navi01

s_navi01

s_navi01

s_navi01

ページ上部へ戻る